会社案内

経歴・主な実績

創設者 福嶋酉蔵(昭和8年生まれ)
昭和30年 新潟鉄工退社。兄経営の福島製作所に入社。
昭和36年 65ED旋盤 新潟鉄工OEM生産。
昭和37年 6BTI内面ネジ切盤を開発。
昭和38年 7OED旋盤 新潟鉄工OEM生産。
昭和43年 福島製作所退社。福嶋鉄工所を設立。
昭和44年 工作機械の現地修理サービスを開始。
昭和45年 渡辺製鋼所、エンジンの据付開始。在中員10人。
昭和46年 有限会社昇栄製作所に社名を変更し、法人化する。(資本金300万円)
昭和51年 江戸川区一之江に工場を建設。
昭和52年 ねじ切り盤360型の改造に成功。福嶋昇、入社。
昭和53年 東洋キャリア工業よりコンプレッサー加工ラインオーバーホール受注。
昭和59年 茨城第一工場を建設。
昭和60年 東芝機械BFT90横中ぐり1台、3M、プレーナー1台を設置。
昭和61年 ニイガタマシンサービス協力会社に指定される。
昭和63年 茨城工場を増築。
平成4年 茨城工場に事務所建設。
平成6年 ねじ切り盤開発、8台製作。
平成8年 NC工作機械のリプレース。レトロフィット事業を開始。
平成9年 ニイガタ製MC3MN-ATC、レトロフィット完成。
平成11年 福嶋昇、代表取締役に就任。福嶋酉蔵、会長に就任。
平成15年 TDKタイ工場向け研削盤ラインオーバーホール受注。
平成16年 茨城第二工場を建設。
住友門型平面研削盤KPL1040T1000*4000H1000を設置。
平成17年 マキノ立型マシニングセンタFNC128を設置。
三井精機ジグボーラー6Bを設置。
平成18年 日立精機NC旋盤7LN、レトロフィット完成。
オークマ門型マシニングMCV20A 20*40を設置。
平成19年 清和ホブ盤、レトロフィット完成。
テーパーセレーション加工専用機改造。
3月、株式会社昇栄へ組織変更。(資本金1000万円)
平成20年 小型ねじ切盤1台、韓国輸出。
平成21年 オークマMCR-A5C 5面加工門形マシニングセンタT2000×4000を設置。
中国工作機械SHENYANG MACHINE TOOL販売開始。
中国工作機械DALIAN MACHINE TOOL(大連機床)販売開始。

(※企業名は敬称略)

ページの先頭へ戻る